column

歯に関する「マメ知識」こっそり教えます。

歯科医「野村」のたわごと。#3「歯科医的に劣等生な 食べ物は、卵かけご飯」

2017.12.05 Tue

卵はビタミンCと食物繊維以外のほとんどの栄養素をバランスよく含んでいる完全栄養食品です。日本人の多くが愛する卵かけご飯ですが、「背筋を伸ばして、きちんと噛んで食べる」という歯科領域の見地からすると、ほとんど噛まずに流し込んで食べる卵かけご飯は劣等生にあたります。食べる時にはどうしてもお茶碗を顔に近づけて早食いのようにかきこむような姿勢になりますので、当然猫背になります。これは消化にもよくありませんし、肥満の原因にもなります。ちなみに、僕はそんな卵かけご飯が大好物です。

 

文・野村洋文(のむらひろふみ)

4月6日生まれ。埼玉県出身。日本大学歯学部卒業後、トロント大学歯学部留学。現在は木下歯科医院で勤務しながら食と口の評論家として活躍中。趣味は食べ歩きと読書。

『大変申し上げにくいのですが……』(秀和システム) 大好評発売中!

Instagram